マツダCX-3 おすすめグレード調べてみた




今回はマツダのコンパクトSUV『CX-3』について、おすすめグレードを調べてみた。

【ざっくり言うと…】

  • 街乗りメインなら「ガソリン車」でOK。長距離移動以外でディーゼル車のメリットは少ない。
  • 2WD/4WDでは2WD(FF)の方が売れている。雪道やアウトドア利用を想定しないのであれば2WDという選択肢もあり。
  • グレードは先進安全機能が充実した『プロアクティブ』がオススメ。それ以上(シートヒーターやレザーシート)はお好みで。

グレード展開

詳しく見ていこう。まずはグレード展開を整理したい。現行のCX-3のグレード展開は下記の通り。2018年3月にマイナーチェンジしてエンジン性能などが改良されている。エンジンは①2.0Lガソリン、②1.8Lディーゼルターボの2本柱だ。

2.0L 直4 ガソリンエンジン

 グレード名駆動方式燃費(WLTC)新車価格
20S2WD/4WD約16.0km/L212万〜
20S プロアクティブ2WD/4WD約16.0km/L233万〜
20S プロ S2WD/4WD約16.0km/L243万〜
20S Lパッケージ2WD/4WD約16.0km/L256万〜
20S エクスクルーシブ2WD/4WD約16.0km/L259万〜

※4WDを選んだ場合は22万円増しと言ったイメージとなる。尚、MT車もあるがあえて省いている。

1.8L 直4 ディーゼル・ターボエンジン

 グレード名駆動方式燃費(WLTC)新車価格
XD2WD/4WD約20.0km/L243万〜
WD プロアクティブ2WD/4WD約20.0km/L263万〜
WD プロアプティブS2WD/4WD約20.0km/L272万〜
WD Lパッケージ2WD/4WD約20.0km/L283万〜
XD エクスクルーシブ2WD/4WD約20.0km/L286万〜

各グレードの違い

ガソリン車、ディーゼル車ともグレード展開は基本的に同じだ。ざっくり下記のように整理するとわかりやすい。

ベースグレード

最も標準的なもの。クルーズコントロールなどがつかないので注意。標準でも18インチタイヤとなっている。シートはブラックのクロス製だ。

プロアクティブ

先進安全機能を強化したもの。下記のような装備が充実している。

  • クルーズコントロール
  • 交通標識認識システム
  • ドライバー・アテンション・アラート
  • アクティブ・ドライビング・ディスプレイ

また「プロアクティブ」および「プロアクティブS」はシートが「合成皮革&クロス」となる。



写真では少しわかりにくいが、赤線で囲んだ部分などが合成皮革となっている。運転席も同様だ。

プロアクティブ S

プロアクティブにプラスαの装備がつく。さらに上質なグレードで下記のような装備が標準で搭載される。

  • ステアリングヒーター
  • パワーシート・シートヒーター

エクステリアにもメッキ部分などが加わる。

Lパッケージ

Lパッケージは、上記からさらにレザーシートになるイメージだ。シートカラーは「ブラックorホワイト」が選べる。

エクスクルーシブ

こちらはLパッケージをさらに上質化した特別仕様車だ。シートがナッパレザーなど特に内装の質感が高まっている。

人気ランキング

人気ランキングを調べてみよう。車情報サイトの「オートックワン」で確認すると、グレード別のランキング上位は下記の通りだった。

  • 1位 2.0 20S AT
  • 2位 2.0 20S 4WD AT

エントリーモデルの人気があった。ただし、3位以降はデータがなく実際のところは良くわからなかった。

リセールバリュー

「価格.com」で買取価格・下取り相場を確認してみた。CX-3のグレード別買取価格上位は下記の通りだった。

参考:マツダ CX-3の買取価格・相場(価格.com)

なぜかXD(ディーゼル車)しかデータがなかった。CX-3のグレード別リセールバリューは結局よくわからない。

専門家のオススメ

車情報サイトの『webCG』において、モータージャーナリストの藤野太一さんはCX-3を下記のように評価している。

頻繁に長距離移動するのであればディーゼルエンジンのメリットを享受できるだろうが、街乗りがメインであれば、車両価格的にもディーゼル比でおよそ30万円安いガソリン仕様を選んだほうがいいだろう。
参考:https://www.webcg.net/articles/-/38928

同じくに『webCG』において、下野康史<かばたやすし>さんは下記のように評価している。

・アクセル操作に対するリニアさや静粛性の面では、ディーゼルよりもガソリン車のほうが秀でている。
・CX-3の場合、乗り心地はガソリンモデルのほうがいい。車重が数十kg軽いこともあり、身のこなしも軽快だ。
参考:https://www.webcg.net/articles/-/39419

その上で、ディーゼルは燃料単価の面で“「トヨタC-HR」にも「ホンダ・ヴェゼル」にも「スバルXV」にもないCX-3の強み”としている点も補足しておきたい。

尚、FF:4WD比率は、7割近くがFFと言及している点も加えておこう。

個人的な見解

CX-3は小型なサイズ感で街乗りに最適な車である。恐らくこの車を選ぶユーザーは、近距離移動を想定したユーザーが多いのではないか?するとディーゼルエンジンのメリットは少なく、通常のガソリンエンジン車で良い気がする。

4WDは一応はSUVなので欲しいと考えるが、都会でちょい乗りに使うだけのユーザーなら実際は必要ないことも多いかもしれない。エントリークラスの20Sまたは先進安全機能が充実した「プロアクティブ」で、アスファルト走行メインなら2WD、雪が降る地域なら4WDを選んでおけば失敗がない気がする。

コメント