Reiwa Written by:

昭和末期に生まれたゆとり第一世代、WEBディレクター。自動車業界を勉強中。口コミ分析、比較分析など。SUV好き。

マツダCX-5 おすすめグレード調べてみた

今回はマツダのミドルサイズSUV『CX-5』について、おすすめグレードを調査してみた。

【ざっくり言うと…】

  • 長距離移動重視なら…「XD(プロアクティブ)4WD」
  • 街乗り重視なら…「25S(プロアクティブ)4WD」
  • コスパ、リセールバリュー重視なら…「20S(プロアクティブ)2WD」お好みでレザーシートがほしいなら「Lパッケージ」にすれば良い。

続きを読む

グレード展開

まずはグレード展開を整理しておこう。現行モデルのCX-5は、下記のグレードがラインナップされている。エンジン種類は①「2.0ガソリン」②「2.5ガソリン」/③「クリーンディーゼル」3本柱となっている。全車が2列/5人乗りだ。

2.0L  直4(ガソリン)

 グレード名 駆動方式 燃費(JC08) 新車価格
20S 2WD 16.0km/L 249万
20S(プロアクティブ) 2WD 16.0km/L 268万

こちらはエントリークラスのモデルだ。4WDが選べないので注意。

2.5L  直4(ガソリン)

 グレード名 駆動方式 燃費(JC08) 新車価格
25S 4WD 14.2m/L 272万〜
25S(プロアクティブ) 4WD 14.2m/L 291万〜
25S(Lパッケージ) 2WD/4WD 14.8m/L/14.2km/L 298万/321万〜

最新の2.5Lガソリンエンジンモデルでは気筒休止システムを採用しており、低負荷時は2気筒で走行することで燃費を向上させている。

2.2L 直4(ディーゼル・ターボ)

 グレード名 駆動方式 燃費(JC08) 新車価格
XD 2WD/4WD 19.0/18.0km/L 280万/303万〜
XD(プロアクティブ) 2WD/4WD 19.0/18.0km/L 300万/322万〜
XD(Lパッケージ) 2WD/4WD 19.0/18.0km/L 329万/352万〜

こちらはクリーンディーゼルエンジンのモデルだ。全てで2WD(FF)/4WDが選べる。

各グレードの違い

各エンジンモデルに①「ベースグレード」、②「プロアクティブ」、③「Lパッケージ」があるが、ざっくり下記のように考えておくと良い。

  • プロアクティブ以上で先進安全機能が拡充(クルーズコントロールなど)
  • プロアクティブ以上でタイヤが19インチにアップ(ベースは17インチ)
  • Lパッケージはブラックorホワイトのレザーシート(通常はメッシュクロス)

もちろん、その他にも細かな仕様の違いがある。マツダ公式のスペック表を確認しておこう。

PDFCX-5 主要諸元表

www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=sbnv#cx-5

人気ランキング

車情報サイトの「オートックワン」では、どのグレードが人気なのかランキングを確認することができる。マツダCX-5のランキング上位は下記の通りだった。

  • 1位 20S
  • 2位 XD (Lパッケージ)ディーゼルターボ  4WD
  • 3位 XD (Lパッケージ) ディーゼルターボ
  • 4位 20S (プロアクティブ)
  • 5位 25S (Lパッケージ)

意外にも2.5Lのモデルは人気がない。エントリークラスの2.0LとディーゼルLパッケージに二極化している。そして4WDより2WD(FF)の人気がある。

autoc-one.jp/catalog/mazda/cx-5/grade/#gradeList

リセールバリュー

「価格.com」では買取価格・下取り相場をざっくり確認することができる。マツダCX-5のグレード別買取価格上位は下記の通り。

当然だが新車価格が高いディーゼルモデルが上位を占める。この表から読み取れることとして、多少年式が古くてもディーゼルの買取相場が高い傾向にあることだ。ディーゼルエンジンモデルはリセールバリューは良いと言えそうだ。

kakaku.com/item/K0000343441/kaitori/#tab

専門家のオススメ

モータージャーナリストの安藤眞さんは、雑誌でマツダCX-5グレードについて下記をオススメしている。

  • 長距離走行を重視ならディーゼル。
  • 一般道や市街地ならガソリン。
  • 駆動方式は世界トップレベルの4WDを選びたい。
  • グレードは「プロアクティブ以上」をおすすめ。

参考:2018-2019年 国産&輸入SUVのすべて (モーターファン別冊)

個人的な見解

安藤眞さんの意見に100%同意したい。高速道路などを乗る機会が多いユーザーなら、ディーゼルは魅力的だ。燃費が良い上に軽油は燃料コストが安い。騒音も走行中はそれほど気にならないだろう。

グレードも先進安全機能が付いたプロアクティブ以上の方が後悔が無さそうだ。

そして忘れがちなのは4WDだ。いくら都会派の雰囲気が強いCX-5だからと言って、SUVを選ぶユーザーなら多少はアウトドアユースも考えるはずだ。街乗りがメインだからと言って、専門家の間でも評価の高いマツダの4WDを外してしまうのはもったいない気がす。

あとはレザーシートの有無で「プロアクティブ」か「Lパッケージ」を選べば良いだろう。

閉じる

関連記事