スバルXV おすすめグレード調べてみた




今回はスバルの『XV』について、おすすめグレードを調べてみた。

【ざっくり言うと…】

  • ベースグレードはやめとけ。
  • 真ん中の「2.0i-L」が無難でオススメ。排気量アップに加えて装備が拡充。
  • 走りを重視ならワンランク上げて「2.0i-S」。タイヤが18インチにアップ。
  • ライトユーザーならワンランク下の「1.6i-L」。

グレード展開

まずはグレード展開を整理しておこう。現行モデルのスバルXVは、下記のグレードがラインナップされている。エンジンはスバルおなじみの水平対向エンジンで、排気量で2種類ある。

【追記】今後はマイルドハイブリッド機構搭載モデル「XVアドバンス」が発売予定。
スバルがe-BOXER搭載の最新「XV」を披露(WebCG)

1.6L 水平対向 4気筒 DOHC

グレード名動力参考価格
1.6i アイサイト4WD213万〜
1.6i-アイサイト4WD224万〜

枝番がわかりやすいように赤字でハイライトしている。

2.0L 水平対向 4気筒 DOHC

グレード名動力参考価格
2.0i-アイサイト2WD/4WD248万〜
2.0i-アイサイト2WD/4WD267万〜

各グレードの違い

スバルXVは、すべてのグレードで2列シート/5人乗り。駆動は4WD。燃料はレギュラーガソリンだ。

グレード展開は、枝番にあまり意味はなく大雑把に4段階で考えた方がわかりやすい。整理すると下記の通り。


グレード主な内容
1.6iベースグレード(17インチタイヤなど)
1.6i-LX-MODE、パドルシフト、マルチファンクションディスプレイなどが搭載される。
2.0i-L排気量アップ。上記搭載に加えてアルミペダルや表皮巻センタートレイ加飾など装備。
2.0i-S上記に加えて18インチタイヤなど。
【X-MODE】
ボタンをオンにすると悪路の走破性を高めることができる。

ルーフレールやレザーシートはメーカーオプションとなっている。その他、細かな仕様の違いがあるので購入検討の際はよく確認してほしい。公式サイトのスペック表が参考になる。

主要装備表 : スペック | SUBARU XV | SUBARU
AWDシステム・足回り・メカニズム、視界、操作性・計器盤・警告灯、オーディオ、シート、内装、外装、安全装備などを記したSUBARU XVの主要装備表及びメーカー装着オプション組み合わせ表をご紹介します。

人気ランキング

車情報サイトの「オートックワン」では、どのグレードが人気なのかランキングを確認することができる。ランキング上位は下記の通りだった。

  • 1位 2.0i-L アイサイト
  • 2位 2.0i-S アイサイト

2.0Lのエンジンが大きなものが上位だった。

スバル XV 歴代モデル・グレード一覧|自動車カタログ【オートックワン】
スバル XV(SUBARU XV)のグレード(福祉車両)一覧。スバル XVのグレードごとの価格や燃費・排気量などのスペック、インテリア・エクステリアの装置・オプションなど掲載、また各グレード情報の比較、人気グレードランキングも掲載中です。

リセールバリュー

「価格.com」では買取価格・下取り相場をざっくり確認することができる。スバルXVのグレード別買取価格上位は下記の通り。


ただし、今回は「2.0系」データがなかったためあまり参考にならない。グレード別のリセールバリューはいまいちよくわからない。

価格.com - スバル スバル XVの買取価格・相場
スバル スバル XVの買取価格・買取相場をすぐ&#12...

専門家のオススメ

モータージャーナリストの熊倉重春さんは、雑誌でスバルXVのグレードについて下記のようにオススメしている。

  • せっかくのクロスオーバーなので、少しパワーのある2.0系を勧めたい。
  • 目的地までのスバル的ツーリングを楽しむなら2.0i-Sがおすすめ

参考:2018-2019年 国産&輸入SUVのすべて (モーターファン別冊)

個人的な見解

最も廉価版の「1.6 i」は装備品が少ないため、できれば「1.6 i-L」以上を選びたい。おそらくこの車を選ぶユーザなら、多少なりともアウトドアシーンでの利用も考えるだろう。寒い地域では雪道走行も考えたい。すると「X-MODE」が備わったモデルがほしい。

エンジンは1.6系と2.0系で迷うが、高速道路に乗る機会が多いなら2.0リッターにしておいた方が後悔がなさそうだ。近郊の移動だけなら1.6系でも良い気がする。

コメント