BMW X4 の試乗評価|クルマでいこう

tvk「クルマでいこう!」公式 BMW X4 2018/12/23放送(#559)
tvk「クルマでいこう!」公式 BMW X4 2018/12/23放送(#559)

テレビ神奈川公式YouTubeチャンネルが『BMW X4』の試乗動画を公開中。

✅ 視聴メモ

プレミアムSUVクーペ(BMWではSAC(スポーツ アクティビティ クーペ)と呼ぶ)の人気火付け役として、進化していることがわかった。実用性が高いのはもちろんだが、BMWの「駆け抜ける喜び」を体現するような、スポーティーなモデルとして位置づけられている。グリル内に見える斜めのバーは不評。今後改善が進むだろうとのこと。

続きを読む

車の紹介

車種:BMW X4 M40i(8AT)
全長 4760㎜ 全幅 1940㎜ 全高 1620㎜
(ミドルサイズ/クーペSUV)
エンジン:3リッター/L6・DOHC・ターボ

車両価格:977万円
テレビ放送:2018/12/23(#559

SAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)

BMWはSUVをSAV(スポーツ・アクティビティ・ビーグル)と呼んている。そのクーペ版。

試乗レポート

・BMWの直6エンジンはとても良い。FRの四駆モデルで課題となる足元スペースだが、狭くなっていないのでさらに良い。

・大型の21インチタイヤを履いていても、路面の継ぎ目をうまく吸収する。

・フル加速…加速性能とともにエンジンのフィーリング(音や回転)良い。

・ワインディングロード…少しバネ下がブルつく感触がある。しかしSUVだということを忘れるくらい軽快な走り。

・スポーツモード…ハンドルが重くなり、エンジンの反応も鋭い。スポーツカーの感覚になる。

・近年は色々なSUVあるが…走らせて楽しい車を選びたいユーザーにおすすめモデル。

・リアシート…クーペモデルなので、乗り込みはかがんだ姿勢にて。膝前は広い。シートバックは滑りやすい。4対2対4でシートを倒すことができる。

・ラゲッジスペース…横幅、奥行きとも広い。床下の小物収納スペースあり。ユーティリティも十分。

インポーター担当者のお話

・デザイン…キープコンセプトだが、テールランプはX4独自のもの。ひと目でX4とわかる。

・X4ならでは…サスペンションなどスポーティーなものになっている。

・荷物いっぱい積めるよ!だけでなく、スポーティーな走り。駆け抜ける喜びを提供する車であるため、あえてSAV、SACと呼んでいる。

車の評価

良い面

・感性に訴える走り味。直6エンジンとても良い。(岡崎五朗)

・クルマと対話して走れる大人な乗り味(藤島知子)

悪い面(改善要望)

・目立つキドニーグリル内に見える斜めのバー。X3にも同じこと言えるがデザイン面でマイナス。(岡崎五朗)

・フロントグリルからのぞくバーがデザインを台無しに。色を黒く塗るか、グリルシャッターを入れるなど希望(藤島知子)

⇒バーに関して…日本から要望が多数出ており、本国ドイツから対応が期待されるとのこと。

閉じる

関連記事