マツダCX-3の外観デザイン評価




今回はマツダ(Mazda)CX-3外観およびエクステリアデザインついて評価していきたい。CX-3は5人乗りのコンパクトSUVとして人気の車種である。現行デザインのモデルは2015年2月にリリースされ、2018年5月の最新のマイナーチェンジで運動性能を高めている。

サイズ感をチェック

車体の主要サイズ

まずはマツダCX-3の主要な車体サイズ感である。主要諸元表から確認すると下記の通り。

全長 4,275mm
全幅 1,765mm
全高 1,550mm

コンパクトSUVの中でも割りと小さめのサイズとなっている。街なかで非常に取り回しのしやすいサイズであろう。

外観をチェック

クール系イケメン

フロントマスクである。相変わらずカッコいい顔をしている。近年のマツダのデザインは若い世代でも評価する人が多い。切れ長の目がクール系イケメンフェイスだ。どこか欧州車の雰囲気も感じられる。

フロントグリルは旧来型?

CX-3のフロントグリルは横の直線タイプだ。これは最新のCX-5やアテンザ等のメッシュデザインとは異なる。下記は最新のCX-5のフロントグリルだ。

CX-3も2018年5月ににマイナーチェンジしたが、フロントグリルは旧来デザインのままで、少し古さを感じてきた。

近年ではデザイン性が高く評価されるようになったマツダであるが、逆に旧来モデルが古臭く感じられてしまう点が残念だ。進化のスピードが早いためか、仕方がないのかもしれないが。

SUVというよりハッチバック?

横からのスタイルを確認すると、この車はワゴン型でもなくクーペ型でもない、ハッチバック的な形をしていることが分かる。CX-3はSUVというより、SUVライクなハッチバックなのかもしれない。

お尻がダサい

CX-3の問題はリア(後方)、つまりお尻のデザインだ。ダサくないか?


ものすごくデミオ感がする。これはCX-5にも言えることなのだが、マツダの車は顔は良いがお尻がダサい。CX-3に関しては本当にデミオから派生して設計されているので仕方がないかもしれないが、もう少し改良の余地がないだろうか?

例えば、トヨタC-HRや三菱エクリプスクロスのリアデザインを見てみよう。

お尻中央部に水平の突起らしい個所を作ることで、シャープでスポーティーな印象を与えている。CX-3にはそれがないのでモッサリとした印象だ。

カラーリングセンスは良好

カラーリングのセンスは良好だ。マツダの他の人気車種と同じく、ソウルレッドやマシングレーなどの定番色はメタリック感があって良い。

都会の雰囲気

マツダの公式サイトに出ているイメージも、都会の街中で走らせたものが多い。CX-3もまた、オフロードよりオンロード、都会的なライフスタイルのユーザーに訴求していることがよく分かる。

ただし、もちろんアウトドアシーンで活躍していても違和感は無い下記は公式FBで紹介されている写真である。自然の中でとても素敵だ。

ターゲットは女性か?

この車のターゲットはどんなユーザーだろうか?想像するに20代〜30代の女性ではないかと考える。下記はSNS等で使われているマツダCX-3のプロモーション広告の意匠である。

カッコイ女性の姿が見える。この車がコンパクトカーの派生と考えるならば、これまでコンパクトカーに乗っていた女性ユーザーがCX-3を選択肢としても違和感はない。

反対に男性ユーザーであれば、もう一回り大きいCX-5や三菱エクリプスクロスに乗って欲しいという感じがある。やはりCX-3は女性だ。

ファミリーとしてはどうか?後部座席の快適性はそれほど高くなさそうなので、メインの1台としては不向きだろう。近距離の買い物や子供の送り迎えなどにセカンドカーとしてCX-3を利用するならありかもしれない。その場合もやはり女性が運転しているシーンが想像できる。

ライバル車との差別化は?

CX-3のライバル車としてベンチマークしておきたいのは、ホンダのヴェゼルや、トヨタのC-HRなどだろうか。

ただし、ヴェゼルやC-HRがやや男性的なのに対して、CX-3は女性的だし、もう少し都会的でエレガントな印象がある。女性向けのコンパクトSUVあるいはSUVライクなハッチバックと考えると、しっかり差別化できている気がしてきた。

総評

CX-3はデザイン面ではやはりお尻が残念だ。ただし、コンパクトカーの派生としてこの車を考えるとむしろ仕方がない。むしろスポーティーに寄りすぎると男臭くなるので、CX-3はこれで良いのかもしれない。

また、CX-3のフロントグリルがすでに旧世代の雰囲気なってしまったので、CX-5等と同じようなメッシュデザインになった場合を想像してみたい。すでに完成度が高い車であることは間違いないが、今後のCX-3の進化にも期待したい。

コメント