レクサス ES の試乗評価|クルマでいこう

tvk「クルマでいこう!」公式 レクサス ES 2019/2/17放送(#567)
tvk「クルマでいこう!」公式 レクサス ES 2019/2/17放送(#567)

テレビ神奈川公式YouTubeチャンネルが『レクサス ES』の試乗動画を公開中。

✅ 視聴メモ

ISやGSがややスポーティーなのに対して、ESは乗り心地や静粛性がセールスポイントとのこと。座席やトランクスペースが広めに確保されている。燃費も良く完成度の高いセダンだと感じた。話題のデジタルアウターミラーは、目線移動に慣れが必要だが視界は良さそう。

続きを読む


車の紹介

車種:レクサス ES300h バージョンL

全長 4975㎜ 全幅 1865㎜ 全高 1445㎜
(ミドルサイズセダン)

エンジン:2.5リッター/直4・DOHC(ハイブリッド)
車両価格:698万円

試乗レポート

・外観デザイン…LSを小型にしたイメージ。座席の車両の後方(ロングノーズ)。スポーティー。

デジタルアウターミラー…量産車として世界初搭載。目線移動に慣れが必要だが視界が良い。

・ホイール…ノイズリダクション機能あり。路面の継ぎ目が静か

・ワインディング走行…路面に張り付いてスムーズに走る。

・テレマティクスサービス…緊急時にオペレーターが対応してくれる。

・実燃費…200km走って、15.4km/Lだった。

・リアシート…とても広い。LS並みの広さあり。サンシェードあり。

・トランクルーム…ワイド。ゴルフバッグが4つ入る。FF車なのでラゲッジスペース広い。

開発担当のお話

・ESのポジション…ISやGSがややスポーティー。ESでは乗り心地や静粛性が好評。

二律背反にりつそうせい…乗り心地(居住性・空間)と流麗なデザインを両立。

車の評価

○良い面

・LSに迫る広さと快適性をカジュアルに実現したことを高く評価。特に後席は広い。(岡崎五朗さん)

・実用空間と美しいスタイル、意のままに走れるのに快適。居住性とデザインや乗り味を両立。(藤島知子さん)

☓悪い面(要望)

・パワートユニットの選択肢を増やしてほしいと要望。(岡崎五朗さん、藤島知子さん)

・2.5リッター ハイブリッドはとても良いが、五朗さんは米国で3.5リッターV6エンジンモデルにも乗ったが、パワフルに走って良かったとのこと。

閉じる

関連記事