スズキ 2018年度中間決算ハイライト|世界販売台数や営業利益が過去最高

スズキ2018年度中間決算:表紙


今回はスズキの2018年度第2四半期決算(中間決算)を振り返ってみたい。尚、このブログは投資系ブログではないので、自動車の販売動向などに絞ってまとめたい。

サマリー

収益面ではインドルピーの下落が足を引っ張ったようようだが、四輪の世界販売台数や4月〜9月(半年間)の営業利益は過去最高益とのこと。好調と言って良いだろう。

第2四半期決算 総括

事業別の業績

二輪車のイメージも強いスズキであるが、やはり売上・利益ともに四輪車が圧倒的だ。むしろ二輪車よりマリン(船舶)事業の方が収益が多い。

中間:連結事業別 売上高・営業利益

地域別の業績

所在地別では日本アジアの市場が圧倒的だ。重要市場で売上・利益ともに増加している。

中間:所在地別 売上高・営業利益

続いて各地域のトピックを見てみよう。

日本

日本では「スペーシア」「クロスビー」が収益に貢献しているようだ。7月に販売された「ジムニー」も絶好調のようだが、収益に反映されるのはこれからだろうか。

中間:四輪地域別販売(日本)


欧州

欧州では「スイフト」「イグニス」が堅調なようだ。ただし販売台数はやや減少している。

中間:四輪地域別販売(欧州)

インド

インドでの販売台数は過去最高のようだ。ただし水害やガソリン価格の高騰などのネガティブ要因もあるようだ。

中間:四輪地域別販売(インド)

新型シアズ

そのインドではハイブリッド車の新型「シアズ」が販売されるという。「シアズ」はスズキが日本国外で販売している中型の4ドアセダンである。

インド市場 新型「シアズ」

アセアン

アセアン(インドネシア、タイ、フィリピン、ミャンマー、ベトナム)でも販売が増加したが、規模はインドの10分の1程度だ。

中間:四輪地域別販売(アセアン)

世界販売台数:通期予想を上方修正

尚、最終的に四輪車、二輪車とも通期の販売予想を上方修正している。四輪車は日本およびアジア(恐らくインド)で強気と見ているようだ。日本では新型ジムニーの販売も下期の数字に具体的に出てきそうだ。

世界生産販売台数 通期予想

決算資料|スズキ
スズキ株式会社の株式・格付情報や事業報告、Annual Report、財務ハイライトなど投資家向け情報をご覧いただけます。

コメント