マツダ 2018年度3Q決算ハイライト|中国で販売減少だがコスト改善進み上方修正

マツダ2018年度 第3四半期決算 表紙

今回はマツダの2018年度「第3四半期決算」から自動車の販売動向などについて振り返ってみたい。

結論から言うと、10〜12月は中国市場で販売が大きく落ち込んだが、日本国内やその他の地域でうまく補っている。

コスト改善も寄与して通期の利益予想を上方修正している。

続きを読む

世界販売動向

販売実績(3ヶ月)

マツダ2018年度 第3四半期決算 世界販売台数 実績

10〜12月期(3カ月間)のグローバル販売台数である。日本国内で前年対比で増加している。一方、中国市場においては前年対比△36%と大幅にマイナスとなっている。米中貿易摩擦からくる景気減速が影響したと説明した。

販売実績(9ヶ月累計)

マツダ2018年度 第3四半期決算 世界販売台数 9ヶ月実績

こちらは4月〜12月(9カ月間)累計・グローバル販売台数である。中国市場でマイナスとなっているが、日本やその他市場で増加して全体では前年対比△1%と減少だ。なんとか踏みとどまった形だろうか。

日本

マツダ2018年度 第3四半期決算 世界販売台数 日本市場

地域別に見ると、日本市場では『CX-5』『CX-8』をマイナーチェンジ。どちらも好調のようだ。街中で見かける機会も多い。

北米

マツダ2018年度 第3四半期決算 世界販売台数 北米市場

北米市場は横ばい。セダン型車種は需要が縮小している一方で、クロスオーバー型車種が好調のようだ。

欧州

マツダ2018年度 第3四半期決算 欧州市場

欧州市場はわずかに増加。スペインロシアで販売台数を伸ばしていることがわかる。

中国

マツダ2018年度 第3四半期決算 中国市場

中国市場の販売は9ヶ月累計で見ても前年対比△20%と減少してしまった。やはり景気減速が表面化してきたようだ。

その他

マツダ2018年度 第3四半期決算 その他市場

その他市場では販売台数を7%伸ばした。オーストラリアでは減少したもののASEAN地域での増加がそれを補っているようだ。

クロスオーバー系比率

マツダ2018年度 第3四半期決算 クロスオーバー系車種比率

こちらはクロスオーバー系車種の比率を示したグラフである。2012年以降にどんどんシェアを拡大していることがわかる。クロスオーバーSUVが世界を席巻しているが、マツダでも販売実績の半分がSUVだ。

通期業績予想

世界販売台数予想

マツダ2018年度 第3四半期決算 世界販売台数 通期予想

こちらはグローバル販売台数の通期予想である。前回発表よりも下方修正した。特に中国での販売を低めに見積もった。

収益予想

マツダ2018年度 第3四半期決算 財務通期予想

こちらは収益面での通期予想である。中国での販売減少を見込んだものの、最終的に売上高を+200億、営業利益を+100億円、前回発表よりも上方修正した。

要因として、全体的な出荷台数の増加が中国市場の減少を相殺できること、またコスト改善進んだようだ。

その他トピック

新型『Mazda3』

マツダ2018年度 第3四半期決算 主要施策の進捗

新世代商品として新型『Mazda3』が紹介された。こちらは先日のロサンゼルスモーターショーにて公開されたものだ。

「セダン」と「ハッチバック」の2タイプで、セクシーなフォルムが印象的だ。車に求められる全ての領域の「質」を飛躍的に高めた「走る歓び」を実現、と説明している。まるでBMWだ。意識しているのだろう。

新型クロスオーバー系車種の予告

マツダ2018年度 第3四半期決算 新型クロスオーバー系車種を公開予定

さらに新世代商品の第2弾となる『クロスオーバー系車種』を3月のジュネーブモーターショーにて公開するとのこと。新型『CX-3』か、それとも噂されている『CX-4』(SUVクーペ)だろうか。発表が楽しみだ。

【MAZDA】決算資料|IR資料
マツダの株主・投資家情報(IR)。経営方針、個人投資家向け情報、業績・財務データ、決算資料、株式情報、債券・格付け情報を掲載しています。RSSフィードで最新情報をお届けしています。

閉じる

Reiwaの車選び