スズキ 2018年度3Q決算ハイライト|アジアで伸び悩み

スズキ 第3四半期決算 表紙

今回はスズキの2018年度「第3四半期」決算から、自動車の販売動向などを振り返ってみたい。

結論から言うと日本国内では比較的堅調、一方インドなどのアジア市場で伸び悩みとなっている。

収益面の通期見通しは据え置きとなった。

続きを読む

第3四半期(実績)

四輪車 販売台数実績(サマリー)

スズキ 第3四半期決算 販売台数実績まとめ

まず四輪事業の総括である。4〜12月期(9カ月累計)では過去最高を記録しているが、10〜12月期(3カ月間)では前年割れだったようだ。

アジアの減少は主に中国での減少と説明している。ホンダやトヨタとは対照的な結果だった。

日本

スズキ 第3四半期決算 地域別販売(日本)

日本では順調に販売台数を伸ばしている。10〜12月期は『スペーシア』『クロスビー』が貢献したようだ。意外にも『ジムニー』の記述がない。納車待ちの状態で業績に反映されるのは今後だろうか。

欧州

スズキ 第3四半期決算 地域別販売(欧州)

ヨーロッパでは横ばいからやや減少といった感じだ。車種としては『スイフト』『イグニス』が貢献したようだ。

インド

スズキ 第3四半期決算 地域別販売(インド)

主力市場のインドである。10月〜12月期はやや伸び悩んだが、9ヶ月累計では前年対比でしっかり伸ばしている。

ASEAN

スズキ 第3四半期決算 地域別販売(アセアン)

アセアンでもやや伸び悩みといった感じか。インドネシア、ミャンマーでの販売が増加とある。

パックスズキ

スズキ 第3四半期決算 パックススズキ

インドのお隣、パキスタンの工場では、開始から36年で累計200万台を生産したとのこと。

事業別の業績

スズキ 第3四半期決算 事業別売上高・営業利益

尚、スズキは二輪車事業やマリン事業(船のエンジン)もあるが、営業利益で見れば四輪車のウェイトが圧倒的だ。従って四輪車以外の事業はここでは割愛したい。

業績の総括

スズキ 第3四半期決算 決算総括

収益面の総括では、4月〜12月(9ヶ月累計)の売上高で前年同期比4.2%増収だが、営業利益は△1.3%と7年ぶりの減益だったようだ。

減益理由は、新興国通貨安(インドルピーの下落)と、販売費用増加の影響と説明した。

通期予想(見通し)

生産販売台数の予想

スズキ 第3四半期決算 通期販売台数予想

こちらは生産・販売台数の通期予想である。右上の四輪販売台数を確認すると、前回予想から日本で上方修正、他の地域で下方修正、全体でやや下方修正している。

業績の予想

スズキ 第3四半期決算 通期業績予想

収益面の通期予想は据え置いた。内訳では日本国内で増額、海外売上で減額を見込むようだ。

日本国内では比較的堅調に推移しているが、海外の動向が心配される内容だった。残り3ヶ月では為替(特にインドルピー)と、中国市場の動向が左右しそうだ。

決算資料|スズキ
スズキ株式会社の株式・格付情報や事業報告、Annual Report、財務ハイライトなど投資家向け情報をご覧いただけます。

閉じる

Reiwaの車選び