三菱自動車、2018年度中間決算ハイライト|世界各地でSUV車種が好調




三菱自動車 2018年度中間決算 表紙

今回は三菱自動車2018年度「中間決算」について振り返ってみたい。但し、当ブログは投資系ブログではないので、主に自動車の世界販売動向などに焦点を絞ってまとめている。

業績サマリー

まずは、2018年度上期の業績サマリーである。「小売台数」「売上高」「各種利益」とも前年同期比で上回っている。とても堅調なようだ。

三菱自動車 2018年度 上期「業績サマリー」

地域別の動向

世界地域別に販売を見てみると、力を入れている地域で軒並み増加している。また、三菱はASEANやオセアニア地域を主力としていることがわかる。

三菱自動車 2018年度 上期「販売台数実績」

ASEAN(アセアン)

主力のASEANでは上期(6ヶ月累計)で大幅に販売台数を伸ばしている。国で言えば「タイ」「フィリピン」「インドネシア」などだ。車種としては「エクスパンダー」というSUVミニバン が好調なようだ。

三菱自動車 2018年度上期・地域別「ASEAN地域」

オセアニア(豪州・NZ)

オセアニア地域(オーストラリア、ニュージーランド)も主力地域だが、こちらは微増と言った感じだ。車種では「パジェロ・スポーツ」が紹介されている。日本国内では販売されていないがかっこいい。

三菱自動車 2018年度上期・地域別「オセアニア」

北米

北米でも販売を伸ばした。「アウトランダーPHEV」が好調なようだ。

三菱自動車 2018年度上期・地域別「北米」


中国

中国も好調。こちらでも「アウトランダー」や、日本でも発売された「エクリプス クロス」が好調なようだ。

三菱自動車 2018年度上期・地域別「中国」

日本

日本でも販売を伸ばした。車種としては今年発売された「エクリプス クロス」が貢献したようだ。写真は「デリカD:5」だが、こちらも根強い人気がある。

三菱自動車 2018年度上期・地域別「日本」

欧州

ロシアを含む欧州でも販売を伸ばしている。こちらも「エクリプス クロス」「パジェロススポーツ」が販売に貢献したようだ。

三菱自動車 2018年度上期・地域別「欧州」

中南米・中東アフリカ

中南米・中東アフリカでは前年並といったイメージだ。こちらではピックアップトラックの「トライトン」が紹介されている。

三菱自動車 2018年度上期・地域別「中南米・中東アフリカ」

2018年度通期見通し

通期業績も強気のまま見通しを据え置いた。「販売台数」や「利益」とも前年を上回る計画だ。
三菱自動車 2018年度 通期業績見通し

まとめ

三菱は昔から「パジェロ」などのタフなSUVを作るイメージがあったが、近年は「アウトランダーPHEV」の開発や、コンパクトな「エクリプスクロス」を発売するなど、SUVに経営資源を集中してうまく行っている。

数年前には燃費不正問題で紆余曲折あり日産の傘下に入ったが、しっかり自力で這い上がってきた印象がある。

世界的なSUVブームも追い風となっているが、先進国だけでなくASEANなどの新興国でも健闘している。しばらくは好調が続きそうな雰囲気だ。

コメント