ホンダ、2018年度中間決算ハイライト|四輪事業は微増、日本では「N-BOX」「CR-V」が好調




ホンダ 2018年度中間決算ハイライト 表紙

今回は10月30日に発表されたホンダ「2018年度中間決算」を振り返ってみたい。尚、このブログは投資系ブログではないので、自動車の販売動向などに焦点を絞ってまとめている。

サマリー

まず、全体像を確認しおておくと、2018年度上期(6ヶ月間)の累計で、売上、営業利益ともに前年度を上回った。特にアジアの二輪車の販売が好調だったようだ。四輪車の販売は微増といった感じだ。

ホンダ 2018年度中間決算ハイライト 総括

四輪事業の販売動向

四輪事業の地域別販売動向を見てみると「日本」「北米」中国を含む「アジア」市場の割合が大きいことがよくわかる。販売台数の合計値は第2四半期(3ヶ月)だけ見ると前年同期比で減少している。

ホンダ 2018年度中間決算ハイライト グループ販売台数

日本市場

主要市場の動向見てみよう。日本市場では前年同期比(6ヶ月累計)でやや増加といった感じだ。車種ではお馴染みの「N-BOX」(新車販売台数13ヶ月連続1位)や、「新型CR-V」が寄与したようだ。


ホンダ 2018年度中間決算ハイライト 四輪事業(日本市場)

北米市場

アメリカ市場では前年同期比(6ヶ月累計)でやや減少だった。車種別では、ライトトラック(SUV)の「Pilot」や、セダンでは「Civic」が好調なようだ。

ホンダ 2018年度中間決算ハイライト 四輪事業(米国)

中国市場

中国市場でも前年同期比(6ヶ月累計)で9%近い減少となった。ただし中国市場でも「Civic」は好調なようだ。

ホンダ 2018年度中間決算ハイライト 四輪事業(中国)

その他トピック

その他のトピックスとして、先日ニュースリリースでもあったように「クルーズ、GMと無人ライドシェアサービス用車両の開発で協業」が示された。

ホンダ 2018年度中間決算ハイライト 注目トピックス

Honda | 投資家情報 | IR資料室 | 決算関連資料
こちらはHondaの「投資家情報」ページです。決算発表、IR資料、財務・業績情報、株式・債権情報などを掲載しています。

コメント